ガラス交換の最前線

ガラス交換の情報を多数掲載

原状回復工事ってどうゆうもの?

原状回復というとなかなか耳にする機会もないので何だろうと思う方も多いと思いますが、ざっくり言うとビルなどでオフィスを借りて、そこから移転する際にもとの状態に戻すことを言います。もとの状態に戻すといっても様々な状況があるので一概にも言えません。たとえば借りビルでオフィスを借りたとして、誤って壁に傷をつけてしまったとします。その傷は、ほかの場所に移転する際には直さなければなりません。ほかの例を挙げると、今までそこまでパソコンを使わないような会社が入っていたところにパソコンをたくさん使うような会社が入ったとします。元々の電力設定では足りないほどになった場合は、オーナーさんに掛け合って電力設定を変えてもらうこともできます。しかし、そこから移転する際にはその電力設定を元に戻さなければなりません。また、パソコンなどのコードが沢山あって邪魔になるからといって、下にコードを通す為に床を少し上げる工事をしたとしましょう。別の場所に事務所を移転するときにはオーナーに戻してと要請されたら戻さなければならないのです。大体の場合はそのままで良いと言われる場合がほとんどですが、よく話し合うことでトラブルも避けられるでしょう。また、無用なトラブルを避けるためにも入ったらすぐに借りる場所の写真を撮っておくのも効果的でしょう。それをオーナーと一緒に確認するとトラブルも避けられるでしょう。

テナント撤退時の原状回復工事について

ビルのテナントとして物件を借りていた場合、解約する際には、物件の原状回復工事が必要になってきます。さまざまな工事があるのですが、意外とお金がかかるのが、看板撤去費用です。外壁に看板を出していた場合、その掲示場所にもよりますが、高い場所や壁面に掲示していると、撤去するために足場を組まなければならない場合もあります。業者に依頼すると、人件費もかかりますが、足場のレンタル代、また、道路をふさぐ場合には役所などへの届出も必要なため、時間もお金もかかることが多いです。内装でいえば、たとえばひどい水漏れを放置して壁板がはがれたり腐ったりしてしまっているような場合は、オーナーにその修復費用を請求されることがあります。どこまでテナント入居者側で費用を負担するかなどは、賃貸契約時に確認することをお勧めします。

ビルなどの原状回復する工事

数年前、東日本にはとても大きな大震災がありました。そのままのところがまだまだ多いですが、今までの形を取り戻そうと、原状回復に向けて工事しているところもたくさんあると思います。原状回復するには、莫大なお金が必要だし、見込みが見えない人は地元を離れていってしまう人もたくさんいると聞きました。そこで、とても重要なのが募金のお金だと思います。震災直後はいろいろな番組で募金。募金。と呼びかけていましたが、最近はめっきり減り、特別番組などでしかやっていないと思い、とても悲しい気持ちになりました。忘れてはいけないことだと思うのに、遠い昔の話みたいなかんじになって、そういえば!みたいな遠い、薄い存在になっているのではないかと、少し恐怖にかんじました。原状回復の工事がいち早く終わり、みんなが思い出として話せる日がくるのかな。と最近思いました。